私が学生時代に実践していた英語の勉強方法

私が学生時代に実践していた英語の勉強方法は単語帳などを使って英単語や英熟語を暗記し、その後ひたすら問題集を解くというものでした。

私にとって英単語や英熟語を暗記するという作業はとてもつまらなくて苦痛だったので、音楽やラジオを聴きながら行うことが多かったです。

そのため、あまり効率的に英単語や英熟語を覚えることはできませんでしたが、音楽やラジオを聴きながらでないと10分くらいで飽きてしまうので、私にはこのやり方が合っていたと思います。

また、問題集を解く時はわからない問題をいつまでも考えていても時間の無駄なので、わからない問題は飛ばして解いて行き、後日学校の先生や英語の得意なクラスメイトなどにその問題の解き方を教えてもらっていました。

毎日英語を聴いていればそのうち英語を聞き取れるようになるのではないかと思ったので、聞き取り問題対策として毎日洋楽を聴いたり、洋画を見る時は吹き替えではなく字幕で見るようにしたりしていました。

しかし、これらのことを行っても所々英単語を聞き取れるようになったくらいなので、それほど効果があったわけではありませんでした。

ただし、洋楽を聴いたり、洋画を見たりするうちに英語に興味を持てるようになったので、英語の勉強をするモチベーションを上げることにはつながりました。

私が実践していたのはこのような何の変哲もない勉強方法でしたし、塾にも通っていなかったので、私の学生時代の英語の成績はだいたい平均点前後くらいでした。

英語 発音 教材