私の寝つきが良くなる行っている方法について

眠りが悪かった事もあり、私が寝つきをよくするためにチャレンジした方法としては、身体を温めてから寝ると言う事を意識しました。

基本的に眠りに入るには、体温を下げることが大切と言われていますが、就寝前にあえて体温を上げて就寝時にはその反動で体温が下がりやすくなると言えます。

体温上がるように実践したことは一つは、就寝前の1時間以内にお風呂に入る事をチャレンジしました。

熱すぎない温度のお湯で湯船に浸かる事が大事ですが、目安は20分ほどで、お湯につかって、身体がぽかぽかして体温が上がります。

就寝前の1時間以内にストレッチをする事も意識的に行いました。

毎日の習慣にする事で、ストレッチで体をほぐし体温が上がるのでお勧めです。

筋トレ程の運動ではないので、比較的簡単に汗が出ない程度が良いです。

ストレッチと入浴は同時に出来ないのでローテーションを繰り返しながら体温を上げる事に意識して行いました。

就寝前にホットミルクを飲む事もたまにやっています。

身体が温まり寝つきがとてもよくなります。

温かい飲み物は身体の芯から温まるような気持ちになり、ホッとして寝つきがよくなりますが、注意点としてはコーヒーなどのカフェインが含まれていない飲みものをチョイスする事が大事です。

寝る前にホットな飲みもので寝つきが良くなるので、良く利用しています。

毎日睡眠は摂るものなので、継続して寝つきに対して良くなる方法の意識をしておくことが良いと言えます。

六角脳枕ならこちら