顎ニキビの跡を消す時には、まずは炎症を完全に鎮めることを考えなければなりません。炎症を起こしていると肌が刺激を受けやすくなり、普通に生活しているだけでもリスクが高くなります。刺激を受けても皮膚に多少負担がかかる程度の影響ならまだ良いのですが、肌を守るために生成されるメラニン色素の量が増えて排出が追いつかなくなり、色素沈着につながる恐れもあります。色素沈着になってしまったら跡としては重い部類に入りますし、ケアを行っても改善されるのに長い時間を要することになります。そうならないためにも、炎症を鎮めて肌が通常の刺激に耐えられるようにしなければなりません。
抗炎症作用のある化粧水は、グリチルリチン酸・甘草エキス・トラネキサム酸です。これらには他にも美肌効果があり、シミが改善されたりメラニン色素の生成が抑えられたりしますので効果的です。他にも、ビタミンC誘導体も抗炎症作用を持つ成分であり、メラニン色素の排出や生成の抑制にも効果があります。また、皮脂の分泌量をコントロールしてくれますので、ニキビの予防にも効果的です。
ニキビ跡の中には茶色い色素沈着ができてしまうものもあります。この色素沈着を短い期間で治したい時にはハイドロキノンがよく効きます。この成分は肌の漂白剤とも呼ばれるほど強力であり、少し濃くなった色素沈着でも消すことができます。ただし作用が強いので、皮膚の弱い人は注意をしながら使わないとトラブルを引き起こすこともあります。肌の強い人であっても過信せず、少しずつ試して問題がないことを確認してから本格的な利用に移るべきです。ハイドロキノンは効果的ではありますが、肌のことを考えると心配だという人もいます。その場合はビタミンC誘導体を使うと優しくケアを行うことが可能です。ビタミンC誘導体は肌に優しい成分でありながら同じような作用が期待できるものであり、浸透率にも優れています。また、肌につけた後の安定性にも優れていますので、とても優れた成分だといえます。
凸凹としたニキビ跡を治した時には水溶性プラセンタや水溶性コラーゲンが効果的です。皮膚が凸凹としてしまったら影響は真皮に近い部分にまで達していますが、保湿を徹底して保水力を高め、潤いを維持することで良くなります。ターンオーバーを活発にすることで瑞々しい肌細胞を増やせば気になる凸凹も改善されますので、まずはターンオーバーを正常化させることが大切です。